1.

2.

3.

4.  

両腕を後ろに伸ばし、手のひらを上にして親指同士を絡めます。
息を吸いながら上体を倒し、同時に両腕も上に挙げて行きます。
動作が限界になったら息を止め、1〜2秒保息します。
「フ−」と一気に吐き出し脱力します。

気を病んで胸がつまる、活気がなくため息を漏らす、便秘・下痢、運動不足、冷え、のぼせ…など