当院のお約束
院長&スタッフ紹介
治療院紹介
当院のあゆみ
治療のご案内
受付から治療まで…
アクセス
経絡指圧とは
症例の紹介
指圧Q&A
マスコミ紹介
セミナー案内
貴方の不安を解消するための質問集です。
治療予約や各種お問い合せ…

任脈の『任』は「担任」の任です。督脈の『督』は「監督」の督です。これらには「取り締まる、統率する、任せる」の意味があります。この経絡は全ての経絡の働きをチェックして統率する役割を担ってます。

この経絡は取り込んだものを細かく砕き「消化」させ、さらに取り込みやすくするために「熟成・発酵」させる働きを担当しています。とくに消化器の働きと関係を持っていますが、心の動きにも敏感に反応します。

この経絡の役割は外界との気の交流です。「肺経」は必要なものの取り入れ、「大腸経」は不必要なものを排泄する役割です。

腎・膀胱経は身体の水分を浄化し不要なものを尿として排泄します。また内分泌や自律神経を調節して体調を維持する働きもあります。

この経絡は外部の刺激を五感で受け止め、自分自身の反応に変えたり、外から食べた食物を自分の栄養に変える働きをします。とくに心の働きには敏感に反応します。

心包とは「心」を「包む」もの。つまり心臓を意味します。つまり循環の中心。また三焦は循環の末端にあたります。つまりこの経絡は栄養を全身に運ぶ役割を担っています。

肝経と胆経は三焦経から受け取った栄養素を貯蔵し『活力』となるエネルギーを引き出し、また体の各部への栄養配分を担当します。


TOP