TOP>>症例の紹介
当院のお約束
院長&スタッフ紹介
治療院紹介
当院のあゆみ
治療のご案内
受付から治療まで…
アクセス
経絡指圧とは
症例の紹介
指圧Q&A
マスコミ紹介
セミナー案内
貴方の不安を解消するための質問集です。
治療予約や各種お問い合せ…
指圧や健康関連のお役立ちリンクです。

●症状を訴えて来院される方が多い…。
指圧で治った例を紹介します。指圧に掛かる方の特長は「○○病で…」とハッキリした病名の方は意外と少なく、多くは症状や愁訴だけを訴えて来院される方が多いのです。ここでは即効的に治った幾つかの治療例を紹介してみます。

 33歳、コンピュータのエンジニアの男性。朝から晩までモニターとの睨めっこで一度集中すると数時間休むこともなくコンピュータに集中し、帰宅も連日遅くなりがちとのこと。次第に疲れが溜まってきて最初は目の疲れ程度だったのが、だんだん頭痛や腰痛などの辛い症状が出てきました。しばらくは我慢しながら仕事を続けていましたが、症状は治まるどころが疲労感や集中力の欠如が現れ始めました。近所で鍼灸治療を受けてみましたが、はかばかしくなくたまたまインターネットで私どもを知り来院されました。

 症状を聞くと10年間ひどい頭重に悩まされ最近はストレスのためか胃痛もあって背中に響くとの事でした。肩や背中はパンパンに張り、首からは力が抜けています。お腹にも力がなく底に鈍い痛みがあります。(これを漢方で「虚証」と言います)治療方針として全身指圧をして全体をリラックスさせ、同時に頭痛の引き金になっている首や肩背部、前腕部の緊張を解き、更に腹部と下肢(内股)指圧を入念に行って「おなか」の活力改善・充実を図る…と言う方針にしました。
 治療の結果、体のこわばりが取れ、お腹にも弾力性が戻って症状が安定して来ました。施術5回で70%近くラクになったと言うので、とりあえずここで治療に一区切りをつけました。その後も月に一回ペースで指圧を継続し、次の年の春先には「症状はもうほとんどありません」と答えてくれました。

 26歳、女性。昔から肩凝りの症状をもっていたが、勤めをするようになって更に酷くなりました。仕事は事務で終日座っている。運動も殆どしていない。最初のうちは我慢をしていたが、段々と症状が激しくなって、最近は肩凝りが激しくなると頭痛がするようになり、またそれ以上ひどくなると吐き気を催し吐いてしまうこともある。健康診断でも異常はない。

 この方は上背も体格も十分で、ひと目で「実証」とわかります。肩コリに触れてみると、コリがこぶのように盛り上がっています。「強く押しても痛くない」そうで、マッサージ師泣かせの肩凝りです。お腹も含めて全体的に筋肉は硬く、年齢のわりには弾力はありませんでした。このような場合、下半身に「歪み」があると考えられます。そこで治療方針として運動不足の体をほぐすための『全身指圧』を歪みの強い『下半身』と症状のある『右肩』に重点を置いて行う方針にしました。運動不足の場合は全身に圧痛が出るので、どこを抑えても痛いはずです。
 結果は一回目の指圧で頭痛が取れ、3〜4回で肩コリは劇的に軽減し夜も良く眠れるようになったそうです。

 56才の主婦の方。長年の腰痛が悪化のため来院。腰痛は常時痛むのではなく、歩いたり立ったりした時に強く痛むようになりました。とくに二階のベランダに洗濯物を干す時に洗濯物を抱えて階段を上るのが一番キツイと訴えていました。また家事は立ち仕事が多いとのこと。血圧は少し高い程度でとくに大きな病気はないそうです。

 一般に腰痛症の場合は骨に異常があるわけではなく、腰を支える筋肉や腱などに問題があると言われています。また腰痛は長年の体の無理や疲れの反映とも指摘されています。治療方針としては痛みに対しては「腹部」と「脚(太ももの内側)」を重点的に行い、また長年の無理や疲れを取るために「疲労回復」のための全身指圧も併用しました。
 
結果はこの方は『脾経』に歪みがあったのですが、下肢の指圧と腹部の指圧で症状がその場で好転し楽に歩けるようになりました。その後全身指圧を数回行って痛みが再発する事もなくなりました。

 56歳、主婦。外出中に突然動悸や息切れ、取り留めのない不安に襲われ、それ以来外出が出来なくなってしまい往診しました。お会いすると冷静を装いニコニコしながら自分の病歴や症状を細かく書いた紙を見せてくれました。話すととても神経質で緊張が強く、外に出るとドキドキして気持ちが悪くなると言います。

 痩せ型の体形で、一見して「虚証」だと判りました。一般に虚証の人は抵抗力がなく回復に時間が掛かります。心理的な警戒心が強いので指圧も徐々に時間をかけるのがポイントになります。そこで治療方針として心地よい指圧に徹し、短時間の施術から徐々に長くして行くこと。また100%の回復を求めず、70%の回復でよいと指導すること(完璧を求めない)。さらに「一病息災」で、病気(パニック障害)が多少あっても構わないと理解してもらう事にしました。また時間を掛けて少しずつ回復を目指す事を目標にしました。
 
その結果、回を重ねて腕から脚、背中へと指圧をし、3〜4回くらいしてリラックスできるようになりました。すると少し体調が好転しました。これが自信へと繋がり、彼女も家の中の家事を前向きにこなすようになりました。意欲が出てきましたが外出はまだ出来ません。6回目は突然彼女から「友人とカラオケに行くから」とキャンセルの電話が掛かってきました。それ以来電話はもう掛かって来ません。