TOP>>経絡指圧とは>>経絡指圧の特長
当院のお約束
院長&スタッフ紹介
治療院紹介
当院のあゆみ
治療のご案内
受付から治療まで…
アクセス
経絡指圧とは
症例の紹介
指圧Q&A
マスコミ紹介
セミナー案内
貴方の不安を解消するための質問集です。
治療予約や各種お問い合せ…
指圧や健康関連のお役立ちリンクです。
 ● 経絡指圧の特長

 経絡指圧では「経絡診断」という漢方的な診察を必ず行います。漢方は現代医療とは違った視点から病気を見つめます。とくに漢方では日常生活の中に不調の原因を求めます。今感じている不調はどのような生活シーン、どのような生活パターンから来ているのか。それを知る事で日常生活で起こる不調を予防する事ができます。経絡診断はその手懸りを教えてくれるものです。

 指圧を続けますと日々の体調の変化に敏感になります。それは指圧によって体がリラックスして好調な状態を知るようになるからです。日常少しでも疲れたり不調な感じになりますと「ちょっと注意して」と体からの注意信号を敏感にキャッチする事が出来るのです。健康とは不調を感じないことではなく、小さな不調を敏感に感じ取る能力です。

 指圧で一旦症状が改善されますと、再発してまた同じ症状で苦しむと言うことは殆んどありません。これは体力がつき「治癒力が向上」したためだと考えています。経絡を通して体の調子が整いますと、症状に逆戻りするような事は少なくなります。

 人間対人間の自然なふれ合いによる施術ですので、指圧にはスキンタッチ効果があります。音楽やハーブなどによるリラックスもありますが、指圧は「触れる」事による本能的な安心感、独特のリラックス効果です。

 指圧を受けると眠くなり、脈拍や呼吸数が少なくなり、また呼吸は深くなります。これは副交感神経が刺激されたためです。この神経は自律神経のなかで体の「鎮静・安静」に関係した神経です。私たちは病気のとき床の中で「安静」にしていますが、指圧はその状態を「押圧」で作り出しています。